伝えたいけど、うまく伝えられない…

2019/09/06 | 日々のこと

皆さんこんにちは。
よつばCOLORSの橋本あすかです🍀

 

一昨日は激しい夕立&雷に見舞われましたが
皆さん、大丈夫でしたか?
一部、停電したところもあるとか。

 

よつばでは、授業中だったので…

ピカッと光るたびに耳を抑えて
ゴロゴロという音に備えたり、
頭を抱えて小さくなったりと、
一時は、授業どころではありませんでした。

下の写真は、夕立後に少し見えた虹です
(わかりにくいですね…スミマセン)
 

 
 

みんな
夏休みも終わって
少しずつ日常のリズムが戻ってきた様子。

 

受験生は、だんだんと受験モードに。

「いつもと違う環境でも
 自分の持つ力を最大限生かせるよう
 模試を受けて
 受験の雰囲気を味わってみようか…」

と話していました。

定期試験だけでも、ドキドキしますもんね

他の学校へ行って知らない人だらけでの
入学試験。ドキドキするに決まっています。

 

 

さて
最近の指導場面でのこと

『思ったことがうまく言えず、伝わらない』
『大人も、意図をくみ取るのに大苦戦』

という場面によく出くわします。

 

小学1年生は、

「うーんとな、えっとな、
  あのな、えーっと、あの、、、、、」

と、自分の言いたいことばが出るまで、
頑張って考え、何とか伝えようとします。
もちろん、私も真剣に待ちます

なんとかことばが出てきて、伝わったー


 

しかし、中3にもなると、

伝わらないと思った途端に、

「いや、やっぱいいわ、なんでもない」

と伝えるのを諦めてしまう。

「ごめん、先生読み取れんかった」と弁解

すると

「こっちのことばが足りないから。
  先生あやまらんとって」

とフォローまで。

 

 

些細なことかもしれませんが、

きっとこんな経験をたくさんして
伝わらないことばを
たくさん飲みこんできたんだろうな

ちょっと、切なくなりました。
読み取ってあげられなくて、ごめんね。

 
もっともっと、いろんな可能性を考え、
できるだけ頭を柔らかくし、
少しでも思い出すきっかけや、
ヒントになることばを、かけてあげたい!

「そうそう、それ言いたかってん!」

と言ってもらえるように、

日々、色んなアンテナを張っていきたいです!


よつばCOLORSについて詳しくはこちら よつばCOLORSについて詳しくはこちら
無料相談お申し込み

トレーニング内容についてのご相談は、
面談(無料)にて承っております。